走触性(読み)そうしょくせい(英語表記)thigmotaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「走触性」の解説

走触性
そうしょくせい
thigmotaxis

生物の接触刺激に対する走性で,走固性ともいう。イトミミズ同士が固まって団塊となるのはの走触性の例であるし,ミドリムシなどが固体表面に触れると退行運動するのはの走触性の例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「走触性」の解説

そうしょく‐せい【走触性】

〘名〙 生物が接触を刺激として起こす走性。ミドリムシの鞭毛(べんもう)が物に触れると反射的に退行するのは負の走触性で、ミミズが土にもぐるのは正の走触性の例。趨触性。趨固性。走固性。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android