コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起児漫 きじまんQi-er-man; Ch`i-êrh-man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

起児漫
きじまん
Qi-er-man; Ch`i-êrh-man

12世紀頃の中央アジアの一地名。 1124年,耶律大石 (→徳宗) が即位した地で,サマルカンドブハラの間のケルマネーと考えられる。ケルマネーは現在のウズベキスタンナボイ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

起児漫の関連キーワードコペルニシウムコペルニシウム富山県の要覧フライ級スーパーフライ級超ウラン元素ハンドレッドウェイト南越国コペルニシウム織物工業

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android