コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超伝導磁気浮上式鉄道 ちょうでんどうじきふじょうしきてつどう

百科事典マイペディアの解説

超伝導磁気浮上式鉄道【ちょうでんどうじきふじょうしきてつどう】

極低温(−269℃)で電気抵抗が0になる超伝導現象による強力な電磁石の磁力を利用して車両を浮上走行させる超高速鉄道。日本のJRグループ研究開発を行っており,宮崎・山梨に実験線が建設されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

超伝導磁気浮上式鉄道の関連キーワード大間のマグロ出生数の推移グリーンプロジェクト冷凍食品災害用臨時給水施設常伝導と超伝導保健補導員発災時被害情報提供者錦江[町]空中権

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone