コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超幾何分布 ちょうきかぶんぷhypergeometric distribution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超幾何分布
ちょうきかぶんぷ
hypergeometric distribution

離散的 (型) 確率分布の一つ。 N 個の個体があって,そのうち N1 個が事象 ANN1 個が A でない (余事象) とき,大きさ n の任意標本を非復元抽出し,その n1 個が A である確率は,
となる。これを超幾何分布という。復元抽出の場合は二項分布である。 (→確率分布 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

超幾何分布【hypergeometric distribution】

ある特別な r 個の個体を含む大きさ N の母集団から,大きさ s の標本を無作為に抽出するとき,その中に含まれる特別な個体の数 D分布をいう

で与えられる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内の超幾何分布の言及

【確率分布】より

…この壺からかってにr個選んだときそのうちのk個(0≦kr)が赤球である確率qkとなる。これを超幾何分布という。
[連続型分布]
 (1)もっとも重要なものはなんといっても正規分布(ガウス分布)である。…

※「超幾何分布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

超幾何分布の関連キーワード母集団個体標本

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android