コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音波内視鏡 ちょうおんぱないしきょうultrasonic endoscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超音波内視鏡
ちょうおんぱないしきょう
ultrasonic endoscope

内視鏡に超音波振動子をつけたもの。超音波による検査は広い領域で利用されているが,体の深部臓器は時として観察がしにくいことがあるため,超音波内視鏡が開発された。特に腹部臓器へのアプローチがよくなり,膵臓胆嚢 (たんのう) ,心臓などの画像が鮮明になったため,癌診断にも効果を上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうおんぱないしきょう【超音波内視鏡】

内視鏡の先端に超音波振動子を付けたもの。内臓や腹腔内から臓器深部の断層画像を得るために用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

超音波内視鏡の関連キーワードがんを見つける検査オリンパス(株)食道の良性腫瘍胆嚢良性腫瘍膵(臓)がん超音波検査法食道静脈瘤超音波医学胆道がん胆嚢がん食道癌内視鏡胃がん

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超音波内視鏡の関連情報