コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音波診断 ちょうおんぱしんだん ultrasonic diagnosis

2件 の用語解説(超音波診断の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超音波診断
ちょうおんぱしんだん
ultrasonic diagnosis

生体に超音波を発射し,その反射波 (エコー) を受信して画像を得,診断する方法。患者に苦痛を与えず,しかも手軽に行うことができるので広い分野で利用されている。心臓については先天性心疾患,弁膜症の診断のほか,超音波ドップラー法を用いて送り出す血液量の測定に利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうおんぱしんだん【超音波診断】

超音波を利用して人体内部を調べる医学診断法。無苦痛で X 線被曝がないので、産科・内科を中心に広く用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超音波診断の関連キーワード超音波断層法超音波探傷器エコーロケーションSONAR超音波診断法レーダーガン超音波検査法超音波処理デバイ‐シアーズ効果腹部超音波検査(腹部エコー)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超音波診断の関連情報