越中の稚児舞

デジタル大辞泉プラス「越中の稚児舞」の解説

越中の稚児舞

富山県に伝わる民俗芸能射水市加茂の加茂神社、黒部市宇奈月町の法福寺、富山市婦中町の熊野神社にぞれぞれ伝わる稚児舞で、白塗りの稚児が古式ゆかしい舞を奉納する。上方系の舞楽が地方化したものと考えられている。1982年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android