コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚児舞 ちごまい

5件 の用語解説(稚児舞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稚児舞
ちごまい

童児の演じる舞踊。清浄無垢な稚児は古くから神に最も近い性格をもつものとされ,祭りの場における神の憑坐 (よりまし) として重要な役をつとめた。このため神社,仏寺などで行われる芸能にも主要な役を与えられ,稚児舞楽,稚児延年,稚児田楽など,童児によって演じられる芸能が形成され伝承された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちごまい【稚児舞】

神の尸童(よりまし)として神聖視される男児が演ずる舞。寺院における法会のあとの延年(えんねん)や,神事の場で演じられる。稚児の舞う舞楽は別に稚児舞楽の称がある。延年では若音(わかね)(稚児声)や姿の美しさが喜ばれ,《白拍子(しらびようし)》《乱拍子》《稚児催(ちごもよおし)》《糸綸(いとより)》などの曲や,風流(ふりゆう)の走物(はしりもの)などを演じた。現在も岩手県平泉町毛越寺延年や,山形県櫛引町の黒川能に《大地踏》の稚児舞が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稚児舞
ちごまい

稚児の舞う舞。稚児は清浄で汚れがないところから、神が依(よ)り憑(つ)くと考えられ、その舞は神の舞とも考えられた。古い芸能は神事と深い関係をもっていたので、稚児が参加する場合が多かった。神子(みこ)舞は稚児によって舞われることが多い。愛知県北設楽(きたしたら)郡東栄(とうえい)町、豊根(とよね)村、設楽町津具(つぐ)で行われている花祭の花の舞、新潟県西蒲原(にしかんばら)郡弥彦(やひこ)村の弥彦(いやひこ)神社の神楽(かぐら)の稚児舞、設楽町三都橋(みつはし)の参候祭(さんぞろまつり)の稚児舞、岐阜県郡上(ぐじょう)市白鳥(しろとり)町の白山中居(はくさんちゅうきょ)神社の五段神楽など、いずれも神楽のなかで行われている稚児舞である。舞楽(ぶがく)にも稚児舞楽があるが、これも一種の稚児舞といってよく、清浄な稚児が舞うところに意味があった。延年(えんねん)では稚児が出て舞うところに大きな意味があったし、田遊(たあそび)にも田楽(でんがく)にも稚児による舞があった。また、新潟県柏崎(かしわざき)市黒姫町女谷(おなだに)の綾子(あやこ)舞は近世初頭の風流(ふりゅう)踊の系統で、初期の歌舞伎(かぶき)踊のややこ踊とも関係をもっており、少女の美しさと同時に宗教的意味も歴史的にはあったらしい。[後藤 淑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稚児舞の関連情報