コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙安博 ちょうあんぱくZhao An-bo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙安博
ちょうあんぱく
Zhao An-bo

[生]1915
[没]1999.12.23. 北京
中国の政治家。日本の旧制第一高等学校中退。国共内戦の際,八路軍第 120師の工作員をつとめ,延安では日本労農学校教務主任として日本人捕虜の教育にあたった。 1945年東北人民政府外事局日僑管理委員会主任,59年以降人民外交学会理事。 54年中国紅十字訪日代表団員となり数回にわたって来日したが,64年の原水爆禁止世界大会の際は,日本への入国を拒否された。 63年 10月成立した中日友好協会の秘書長に就任。文化大革命以来,公式の席に姿を現していなかったが,77年中日友好協会理事として北京に姿を見せた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

趙安博の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットコソボ[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門小沢剛小渕恵三内閣黒沢清

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android