コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙浚 ちょうしゅん Cho Chun

1件 の用語解説(趙浚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゅん【趙浚 Cho Chun】

1346‐1405
朝鮮,高麗末・李朝初めの政治家。字は明仲,号は吁斎。平壌の人。1374年科挙に合格して官途に就き,88年以後は李成桂(のちの太祖)に信任され,恭譲王の擁立,田制改革の実行(1391年の科田法)などによって,彼の政権掌握に尽力した。李朝成立後は太祖・定宗・太宗3代にわたって,内政,対明外交に活躍し,官は領議政府事に至った。97年,李朝初期の行政基本法典とされた《経済六典》を編纂している。諡(おくりな)は文忠。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

趙浚の関連キーワード井戸茶碗絵高麗高麗高麗史高麗茶碗李朝実録倭館高麗焼高麗人史庫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone