コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙浚 ちょうしゅんCho Chun

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゅん【趙浚 Cho Chun】

1346‐1405
朝鮮,高麗末・李朝初めの政治家。字は明仲,号は吁斎。平壌の人。1374年科挙に合格して官途に就き,88年以後は李成桂(のちの太祖)に信任され,恭譲王の擁立,田制改革の実行(1391年の科田法)などによって,彼の政権掌握に尽力した。李朝成立後は太祖・定宗・太宗3代にわたって,内政,対明外交に活躍し,官は領議政府事に至った。97年,李朝初期の行政基本法典とされた《経済六典》を編纂している。諡(おくりな)は文忠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

趙浚の関連キーワード鄭道伝

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android