コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科田法 かでんほうKwajǒn-pǒp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

科田法
かでんほう
Kwajǒn-pǒp

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 初期の官僚給与の土地法。科田法は辛昌3 (1391) 年,高麗朝中期から増大した農荘に不満をもつ李成桂を中心とする中小官僚によって改正された土地法である。この田制は唐の均田制,高麗朝初期の田柴科 (でんさいか) にならって制定され,朝鮮王朝建国後,官僚体制の経済的基盤となった。科田は京畿道一帯に限られ,第1科から第 18科まで 18等級に区分され,官僚たちの地位に応じて分給された。この科田法は前代までの田制に比べて,耕作民からの収奪を制約し,耕作民に耕作権を若干認めることによって,彼らをその耕地に緊縛した規定である。またこれは形式的には国家が強い支配力をもち,収租権だけを分給者に与えたが,実際には世襲が許され,罪を犯しても没収されないという地主的性格が強く,私有化される要因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かでんほう【科田法】

朝鮮,李朝初期に行われた土地制度。高麗末期には賜給田,口分田の増加により,貴族の大土地支配が拡大して土地制度(田柴科)が崩壊し,受田不能となった官僚層などに不満が高まっていた。李成桂(李朝の太祖)ら新興官僚は,この不満を背景に,量田事業で全国の土地を掌握し,1390年に公私の田籍を焼却したうえで,91年,科田法を施行した。この改革は,畿内の土地は第1科150結から第18科10結(結は面積の単位。結負制)まで18等級に分けた文武官僚などを中心に再配分して収租権を与え,畿外の私田はすべて国家の収租地である公田とするものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かでんほう【科田法】

朝鮮高麗朝末期の1391年、李成桂ら新興官僚層によって作られた土地制度。官僚の地位により一定額の土地を支給し、地税徴収権を分与した。朝鮮王朝初期の土地制度の基礎となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科田法
かでんほう

朝鮮、高麗(こうらい)滅亡の直前、1391年に制定された土地法。李朝(りちょう)初期の土地制度の基礎となった。高麗末期、足掛け4年にわたる田制改革運動の結果として制定されたものであり、両班(ヤンバン)に支給される土地(科田)の規制に主眼がある。田租は公田、私田ともに1結につき30斗とされているが、この租額そのものは科田法制定以前と変わらない。両班に対する私田支給を制限し、私田を国家の厳重な管理下に置くというところに科田法制定のおもな目的があった。[浜中 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の科田法の言及

【李朝】より


[初期――体制の確立]
 この時期(1392‐1469)は《経国大典》に代表される李朝体制の確立期にあたる。李成桂は対外的には新興の明と結ぶとともに,国内では1391年,科田法を制定して土地改革を行い,高麗貴族が所有していた私田(荘園)を公田に編入するなどして新しい体制を築いた。その上で,1392年に高麗国王(恭譲王)を追放して新王朝を樹立し,国号を朝鮮,国都を漢陽(のちに漢城と改名。…

※「科田法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

科田法の関連キーワード鄭道伝三政世祖趙浚

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android