コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科田法 かでんほう Kwajǒn-pǒp

4件 の用語解説(科田法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

科田法
かでんほう
Kwajǒn-pǒp

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 初期の官僚給与の土地法。科田法は辛昌3 (1391) 年,高麗朝中期から増大した農荘に不満をもつ李成桂を中心とする中小官僚によって改正された土地法である。この田制は唐の均田制,高麗朝初期の田柴科 (でんさいか) にならって制定され,朝鮮王朝建国後,官僚体制の経済的基盤となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かでんほう【科田法】

朝鮮,李朝初期に行われた土地制度。高麗末期には賜給田,口分田の増加により,貴族の大土地支配が拡大して土地制度(田柴科)が崩壊し,受田不能となった官僚層などに不満が高まっていた。李成桂(李朝の太祖)ら新興官僚は,この不満を背景に,量田事業で全国の土地を掌握し,1390年に公私の田籍を焼却したうえで,91年,科田法を施行した。この改革は,畿内の土地は第1科150結から第18科10結(結は面積の単位。結負制)まで18等級に分けた文武官僚などを中心に再配分して収租権を与え,畿外の私田はすべて国家の収租地である公田とするものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かでんほう【科田法】

朝鮮高麗朝末期の1391年、李成桂ら新興官僚層によって作られた土地制度。官僚の地位により一定額の土地を支給し、地税徴収権を分与した。朝鮮王朝初期の土地制度の基礎となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科田法
かでんほう

朝鮮、高麗(こうらい)滅亡の直前、1391年に制定された土地法。李朝(りちょう)初期の土地制度の基礎となった。高麗末期、足掛け4年にわたる田制改革運動の結果として制定されたものであり、両班(ヤンバン)に支給される土地(科田)の規制に主眼がある。田租は公田、私田ともに1結につき30斗とされているが、この租額そのものは科田法制定以前と変わらない。両班に対する私田支給を制限し、私田を国家の厳重な管理下に置くというところに科田法制定のおもな目的があった。[浜中 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の科田法の言及

【李朝】より


[初期――体制の確立]
 この時期(1392‐1469)は《経国大典》に代表される李朝体制の確立期にあたる。李成桂は対外的には新興の明と結ぶとともに,国内では1391年,科田法を制定して土地改革を行い,高麗貴族が所有していた私田(荘園)を公田に編入するなどして新しい体制を築いた。その上で,1392年に高麗国王(恭譲王)を追放して新王朝を樹立し,国号を朝鮮,国都を漢陽(のちに漢城と改名。…

※「科田法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

科田法の関連キーワード経国大典中枢院朝鮮通宝書堂還穀山林儒生趙浚朝鮮土地調査事業農荘(農庄)ハイド(土地制度)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone