趙演鉉(読み)ちょうえんげん(英語表記)Cho Yŏn‐hyŏn

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうえんげん【趙演鉉 Cho Yŏn‐hyŏn】

1920‐81
韓国の文学評論家。号は石斉。慶尚南道咸安生れ。恵化専門学校文科を卒業し,詩人として出発したが解放後は精力的に文学評論に取り組んだ。1955年の創刊当初から27年間にわたり《現代文学》誌を主宰,300余人の新人を世に送り出し,文壇の中心的人物の一人として活躍した。60年以降東国大教授。81年冬東京で客死した。彼は金東里と並んで〈純粋文学〉を擁護し,そのため《現代文学》も長寿を保っているといえる。主著《韓国現代文学史》(1961)は作家論比重をかけた近代文学史として特色がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android