コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙演鉉 ちょうえんげんCho Yŏn‐hyŏn

1件 の用語解説(趙演鉉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうえんげん【趙演鉉 Cho Yŏn‐hyŏn】

1920‐81
韓国の文学評論家。号は石斉。慶尚南道咸安生れ。恵化専門学校文科を卒業し,詩人として出発したが解放後は精力的に文学評論に取り組んだ。1955年の創刊当初から27年間にわたり《現代文学》誌を主宰,300余人の新人を世に送り出し,文壇の中心的人物の一人として活躍した。60年以降東国大教授。81年冬東京で客死した。彼は金東里と並んで〈純粋文学〉を擁護し,そのため《現代文学》も長寿を保っているといえる。主著《韓国現代文学史》(1961)は作家論に比重をかけた近代文学史として特色がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

趙演鉉の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone