コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足久保茶/蘆窪茶 アシクボチャ

デジタル大辞泉の解説

あしくぼ‐ちゃ【足久保茶/××窪茶】

静岡市足久保付近で生産される香りのすぐれた江戸幕府への献上品として有名。現在の本山(もとやま)茶。あしくぼ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の足久保茶/蘆窪茶の言及

【駿河国】より

…切添新田などの小規模開発の成果が当然ふくまれている。
[産業]
 安倍山中の足久保茶は御用茶として茶壺に詰められ,将軍に献上された。山間部村々の茶は年貢として納められたが,しだいに生産が増え,茶商人も生まれた。…

【駿府】より

…産物は紙子,竹細工,蒔絵,盆山石など。足久保茶は著名。安西,茶町には茶商人が多く,江戸へ送った。…

※「足久保茶/蘆窪茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android