コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足輪 あしわ

世界大百科事典 第2版の解説

あしわ【足輪】

足にぐるりと輪状につけられる装身具。アンクレットanklet。歴史的には古代エジプト王朝以前から装着されていた。ローマ時代にもかなり用いられたようだが,中世になって長い丈の衣を身につけ,足が見えないようになると,自然にすたれていった。現代では第1次世界大戦後に,ごく一部の女性が細い金の鎖状のものをつけているのを見る程度で,足輪はもっぱら未開社会特有の装身具になっている。たいてい踝(くるぶし)につけるが,仕事や競技に用いる脚絆のような,足の保護を目的としたものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

足輪の関連キーワードシバルガンの遺宝鳥類標識法ブレス鶏カレン族マサイ族標識鳥

足輪の関連情報