跡株(読み)あとかぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐かぶ【跡株】

〘名〙 江戸時代、本百姓が居村を失踪するか、一家断絶により生ずる空き株。村内の親類かゆかりの者が引き受けることになっていたが、適当な相続者がない場合、田畑は村中の百姓の惣作になった。〔地方凡例録(1794)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android