コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本百姓 ほんびゃくしょう

6件 の用語解説(本百姓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本百姓
ほんびゃくしょう

江戸時代の基本的な農民層。高持百姓ともいう。検地帳に記載されることにより耕地,家屋敷の所持を公認された。耕作に必要な用水,林野の用益権,祭祀などの指導権,村政への発言権をもつ一方,貢租負担者として持高に応じて年貢を負担し,五人組を構成し,領主の強い統制を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほん‐びゃくしょう〔‐ビヤクシヤウ〕【本百姓】

江戸時代、田畑・屋敷を持ち、年貢・諸役の負担者として検地帳に登録された農民。農耕のための用水権入会(いりあい)権を持ち、近世村落の基本階層であった。高持百姓。→水呑(の)み百姓

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本百姓【ほんびゃくしょう】

高持百姓,高請百姓とも。江戸時代幕藩体制の社会的・経済的基盤をなした農民層。検地帳名寄帳に登録され,年貢諸役の負担義務を負い,村内に田畑屋敷をもち,用水権,入会権,村政への参加資格をもった。
→関連項目小前地主百姓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほんびゃくしょう【本百姓】

日本の近世期,領主権力の基礎として掌握された百姓。17世紀前半期には年貢とともに夫役(ぶやく)を負担した役負(やくおい)百姓をさし,1660~70年代(寛文・延宝期)を境にして高請地(たかうけち)を所持する高持百姓をさすようになる。初期の検地で高請地を名請けした高請農民は,なべて年貢(生産物地代)の負担者とされるが,その中には役人,役家などと呼ばれて夫役(労働地代)を負担する役負百姓と,その負担を免れた無役のものとが含まれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんびゃくしょう【本百姓】

江戸時代、田畑・屋敷を保有し、年貢・夫役・雑税を負担する義務を負うとともに、村落共同体の正員として入会地いりあいちになっている原野・山林や水利施設などを使用する権利をもっていた自営農民。高持ち百姓。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本百姓
ほんびゃくしょう

江戸時代、農民層の中核になる農民の身分呼称。高持(たかもち)、高持百姓ともいう。その資格は、検地帳に登録され、田畑、屋敷を持って自立した経営を行い、かつ領主に年貢・夫役(ぶやく)の負担義務を負うものであった。江戸時代の村は、経営の規模などからもさまざまな農民から構成されていたが、通常は、〔1〕村役人に率いられる本百姓をその中核とし、〔2〕このほかに無高で本百姓に隷属する水呑(みずのみ)百姓、脇(わき)百姓、〔3〕本百姓経営のなかに家内奴隷的に抱えられた名子(なご)、被官(ひかん)、下人(げにん)と称される農民、の三種類の農民から構成されていた。
 本百姓は、年貢負担の義務を負う、領主経済の基盤となる農民であるとともに、村においてはその正式な構成員として、用水・入会(いりあい)などの用益権をもち、村寄合(むらよりあい)・村政に参加する資格を有していた。その経営は、通常一町歩(10石)前後の耕地と農具を保有し、家族労働を主体とした自給的なものであったという。ただその内容は、時代と地域によりかなり差があり、とくに江戸時代の初期には、太閤(たいこう)検地以来の領主の本百姓育成策によって、検地帳には多くの農民が名請(なうけ)されたが、そのなかで屋敷地を有し、夫役を負担する役屋(やくや)とよばれる農民がその中核となっており、これを初期本百姓などともいう。やがて17世紀を通じて、生産力の発展とともに、無高や隷属農民からも自立して経営を行うものが本百姓に成長して、17世紀後期の寛文(かんぶん)・延宝(えんぽう)期(1661~1681)には、全国的にほぼ本百姓体制が確立したといわれる。その後いったん確立した本百姓の地位が、本百姓株として家格化・固定化されることもあった。18世紀以後、農業生産の発展と商品経済の展開によって、本百姓のなかから、土地を失って没落し、水呑百姓に転落したり、小作人や日傭取(ひようとり)になったり、奉公人や没落人として離村する農民が出た。また水呑百姓から上昇して本百姓なみの経営を確保するものが出たり、本百姓のなかから土地集積を行い地主になったり商人化するものも出た。
 こうして本百姓の経営が多様化するとともに、本百姓を中心とする村落の体制も変動していった。ただ、初期からこうした体制の変動期まで、江戸時代を通じて、領主の農村支配は、一貫してその中核である本百姓の経営の維持をその目的としていた。慶安御触書(けいあんのおふれがき)の生活統制をはじめ、田畑永代(えいたい)売買の禁令、また、分地制限令や勝手作(かってづく)りの禁令といった土地制限令、その他触書などの各種の農民法令は、そのすべてが本百姓を対象としており、その経営の維持と年貢の確保がおもなねらいであったといえよう。[上杉允彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本百姓の言及

【山論】より

…このような制限によって旧来の用益権が減縮することに対する共用者間の憤懣(ふんまん)の表面化したのが近世の山論で,それが後年になるほど多発また激化するのは,用益上の制限がさらに強化されることによるものである。 同じ山論でも自村内で発生する用益紛争は,おおむね高持本百姓に限られていた村持ち山の採取権を,無高層の農民ないし非農家にも分与して利用上の不平等を平均しようとする下層農の要求に基づくものであったから,村役人や上層農が全面的にこれを受け入れないまでも,既得権を譲歩または緩和することによって解決する場合が多かった。しかしその村持ち山へ1ヵ村以上の他村が入り会って毛上を採取する慣行,すなわち入会権をもつ村方がそれぞれの権利を主張して譲らないところからもつれだした争議は,利害を異にする当事者間の話合いで解決を図ることは容易でなかった。…

【総百姓共有漁場】より

…太閤検地を画期として成立した幕藩体制は広範な直接生産者層の独立を推し進め,それを支配の基礎とした。それがいわゆる本百姓である(漁師の場合も,身分上は百姓であり,当時は耕地を保持していない漁師は例外的にしか考えられない)。本百姓は耕地を占有して正租を上納するばかりでなく,一人前の百姓として領主のための夫役をつとめる者でなければならなかった。…

【高持】より

…高持百姓,本百姓ともいい,貢租負担者として幕藩制社会の基盤をなす農民層。検地によって領主に把握された農民(検地帳登録人,名請人(なうけにん))には,(1)田畑とともに屋敷を登録された者,(2)田畑のみを登録された者,(3)屋敷だけを登録された者,などがいる。…

【名請人】より

…彼らは法的には名請人であっても,実態としては一軒前の百姓として自立した農業経営を行うことが困難な零細農民であった。近世農村では,本百姓といって,田畑,屋敷地を持ち名寄帳にも名前が登載され,領主に対し直接課役を負担する高持百姓が一軒前の百姓として認められ,彼らによって村落が構成されていたから,上記のような零細な名請農民はこれらの本百姓になんらかの形で隷属していた。また検地帳にも登録されない農民がいたが,彼らは〈帳外(ちようはずれ)〉と呼ばれ,屋敷地も耕作権も持たない最も隷属度の高い農民であった。…

【名子】より

…名主―名子という名称にも示されるように族団的性格が強く,子孫に至るまで代々人身的に拘束されていた。近世の本百姓体制が整うなかで,有力な名子は自立して本百姓に上昇し,ここでようやく農民たる地位を認められた。しかし,なお自立しえない名子は,近世的従属農民として主家たる本百姓に分付(ぶんつけ)される存在で,一戸として認められないものであった。…

【名寄帳】より

…年貢の村請制のもとでは,村自体が年貢諸役の完納義務を負わされ,それを果たすためには,村内における年貢諸役の割りふり,徴集の実際場面で,負担能力のある有力農民が年貢諸役の事実上の負担責任者にならざるをえなかった。このような実態を踏まえて,村内帳簿として作成された名寄帳には,村内における年貢諸役の負担責任者(初期本百姓)が登録された。弱小農民(隠居,名子,被官,家持下人など)の高請地は,名寄帳においては主家に当たる有力農民(初期本百姓)の名義のもとに一括され,主家の名義で登録された。…

【兵農分離】より

…これは,小経営が大経営より有利な条件にあることを示しており,土豪的大経営の解体を促進させた。このようななかで土地との結びつきを強め,小経営として自立し,領主に対して年貢・夫役(ぶやく)を負担するようになった農民を,本百姓または高持百姓という。彼らは検地帳に登録され,田畑・屋敷を所持し,村落共同体の基本的構成員として用水・入会などに参加する権利をもっていた。…

【奉公人】より


[前期――譜代下人と質券奉公人]
 農村での奉公人の性格は農業生産の発達によって変化する。近世前期の本百姓の自立期には,中世的遺制をまとう役負(やくおい)百姓(御館(おやかた),役家,公事屋(くじや),役人など)すなわち初期本百姓(本百姓)のもとに,譜代下人が抱えられていた。彼らは家内奴隷的性格が強く,主家に人身的に隷属して終身奉公する。…

【村】より

…またこうした小地域は当然共同労働の単位にもなった。近世の村における個別経営単位は家であるが,村内の家は階層的には〈本百姓(ほんびやくしよう)〉と〈水呑(みずのみ)〉あるいは〈無高〉に大別されていたのが普通である(地域によりさまざまな称がある)。しかし本百姓といってもさまざまで,彼らはおおむね3階層に区分される。…

【村中入会】より

…日本の近世期における農用林野利用の一形態。小農が自立して本百姓となり,本百姓(高持百姓)を村落構成員とする近世村落(小農村落)が成立すると,自立した本百姓の生産・生活を維持・補強するために,村落構成員(本百姓)のすべてが村落規制のもとにある入会地(刈敷山(かりしきやま),柴山,秣場(まぐさば),萱場(かやば)など)に対して共同の利用権を持つ。このような農用林野の利用形態が村中入会で,林野に対する近世領主権の支配の確立と,そのもとにおける小農の本百姓への自立とをまって,はじめて成立する。…

【役家】より

…太閤検地とこれに続く近世初期検地が,全国的に統一基準による土地生産力の調査を石高制として確立したとき,同時に特定の屋敷所持を認める形で,夫役の負担能力を有する役家を設定する場合や,検地とは別に〈家数人馬改〉によってそれを決定するなどのことが行われた(家数人馬改帳)。江戸時代,出雲松江藩や豊前小倉藩の場合,その特定屋敷は一律3畝歩が無年貢の扱いで,〈御役(目)屋敷〉と呼ばれ,その屋敷を請けた農民は〈公儀役人〉〈役家〉〈本百姓〉などと記されている。 太閤検地に始まる近世検地では,原則として事実上の耕作者を公式の作人とする方針が貫かれたので,検地帳に零細な石高所持の作人として登録された小農民が少なくなかったが,彼らは所持石高の貢租は負担したが,夫役の負担はなかった。…

※「本百姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本百姓の関連キーワード基礎医学基礎学力町人独立権半主権国軍事政権町役封建主義領主権村中入会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本百姓の関連情報