居村(読み)イムラ

デジタル大辞泉の解説

い‐むら〔ゐ‐〕【居村】

出村(でむら)に対して、本村(ほんそん)所在の地。
自分の住んでいる村。
「我が―へ帰った時分は」〈鳩翁道話・一〉

きょ‐そん【居村】

自分の住んでいる。いむら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いむら【居村】

自分の住んでいる村。
(出村でむらに対して)もとになっている村。本村ほんそん

きょそん【居村】

自分の住んでいる村。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐むら ゐ‥【居村】

〘名〙
① (飛び離れた所にある村の土地を出村(でむら)というのに対して) 本村所在の地のこと。
② もともと自分の住んでいる村。
※地方凡例録(1794)四「小作と云は自分所持の田畠を、居村他村たりとも他の百姓へ預け為作」

きょ‐そん【居村】

〘名〙 住んでいる村。いむら。
※随筆・耳嚢(1784‐1814)四「公儀より御褒美賜りし善七といへるものの居村を通り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

居村の関連情報