コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡部定次郎 あとべさだじろう

1件 の用語解説(跡部定次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

跡部定次郎
あとべさだじろう

[生]明治5(1872).6.10.
[没]1938.7.12. 京都
国際私法学者。 1899年東京帝国大学法科大学仏法科を卒業,1900年京都帝国大学法科大学講師,助教授昇任後 02~05年ドイツ留学,帰国後京都帝国大学教授として国際私法講座を担当。国際私法は国内法であるとする学界の一般的考え方を排し,その性質は各国の主権の衝突を解決する国際法であるとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

跡部定次郎の関連キーワード徳川久子羽田子雲一条悦子導体貞心鉄道の日小野芳甫児玉亮太郎谷田繁太郎常磐津若太夫(6代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone