コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跳ね橋/撥ね橋 ハネバシ

2件 の用語解説(跳ね橋/撥ね橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はね‐ばし【跳ね橋/×撥ね橋】

城塞などの入り口に設け、不必要なときは綱・鎖などでつり上げておけるようにした橋。
船を通行させるときだけ、つり上げられるようにした橋。開閉橋。跳開橋(ちょうかいきょう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はねばし【跳ね橋】

城の入り口などに設ける橋で、敵襲などの際にはね上げて通行を遮断することができるもの。
跳開橋ちようかいきよう 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の跳ね橋/撥ね橋の言及

【可動橋】より

…長支間の橋に適用するのは無理である。 (1)跳開橋 いわゆる跳ね橋と呼ばれるもので,橋脚上の回転軸を中心として橋桁を上方に回転させ,船舶航行のための空間をつくる形式。支間中央に切れめがあって,橋桁の各半分が両側へ跳ね上がる二葉式と,支間の片側のみに回転軸があって,桁全体を一体として跳ね上げる一葉式がある。…

※「跳ね橋/撥ね橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

跳ね橋/撥ね橋の関連キーワード勝手口木戸口柴唐戸洞門番台不必要火灯口寮門玄関口ターンスタイル

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone