コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏まへ フマエ

デジタル大辞泉の解説

ふまえ〔ふまへ〕【踏まへ】

根拠。土台。
「経文ヲ―トシテ」〈日葡
思慮。分別。
「嫉妬の恨みに取り乱れ、後先の―もなく」〈浄・出世景清
踏み台。
「とど、―をして鴨居へ隠す」〈伎・散書恋文章〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

踏まへの関連キーワード掻い偏む・搔い偏む八葉の蓮華三千風苦しぶ俵子木賊

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android