蹈(漢字)

普及版 字通「蹈(漢字)」の解説


17画

[字音] トウ(タウ)
[字訓] ふむ・うごく

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(よう)。に滔・稻(稲)(とう)の声がある。は臼の中のものをとり出す形。〔説文〕二下に「踐(ふ)むなり」とあり、足しげくふむことをいう。〔礼記、楽記〕に「手のひ、足の蹈むを知らず」とは、欣喜して雀躍する意。また武王克殷の楽舞とされる大武の舞容は「發揚蹈(たうれい)」と形容され、蹈には反閉(へんばい)のような呪儀としての意味があった。踏(とう)・(とう)と声義近く、踏・もそれぞれ呪的な意味をもつ所作であった。

[訓義]
1. ふむ、あしふむ。
2. おどる、こおどりする。
3. ゆく、うごく、わたる。
4. ふみおこなう、おこなう。
5. 悼(とう)と通じ、いたむ、やむ。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕蹈 不弥奈豆佐不(ふみなづさふ) 〔名義抄〕蹈 フム・ウゴク・フミナヅサフ・フム〔字鏡集〕蹈 ウゴク・タタム・フム

[語系]
蹈duは踏thap、ththekと声義に通ずるところがあり、心の動くことを(とう)といい、足の動作にあらわれることを蹈・(とう)という。蹈・踏は通用の例が多い。*語彙は踏字条参照。

[熟語]
蹈越・蹈歌・蹈火・蹈海蹈危・蹈義・蹈虚・蹈凶・蹈・蹈空・蹈隙・蹈険蹈査・蹈死・蹈習・蹈襲蹈蹂蹈牀・蹈渉・蹈踵・蹈刃・蹈水・蹈正・蹈青・蹈蹈践・蹈測・蹈敵・蹈轍蹈騰・蹈難・蹈波・蹈破・蹈翻・蹈氷・蹈舞・蹈方・蹈躍・蹈用・蹈揚・蹈利・蹈履・蹈流・蹈
[下接語]
跨蹈・高蹈・襲蹈・蹂蹈・遵蹈・清蹈・践蹈・騰蹈・拝蹈・赴蹈・舞蹈・履蹈・陵蹈

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android