コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躍字 おどりじ

世界大百科事典 第2版の解説

おどりじ【躍字】

同じ字の繰返しであることを示す符号。踊字とも書き,古くは畳字(じようじ),重点などといった。現在,漢字では〈々〉〈〉を用い,仮名では〈ゝ〉〈〉を用いる。中国で漢字の繰返しに〈ゝ〉〈〉のようなものを古代から用い,〈営〉〈多〉〈多謝〉のように書いたが,日本でも《日本書紀》の古写本などに〈波尓〉(はろばろに)のように書かれている。この反復符号がかな文字にも用いられ,1字の場合は〈ゝ〉,2字以上の場合は〈〉〈〉またはそれと類似の形の種々の記号が用いられたが,鎌倉時代以後は現在の形と同一になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone