コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身請け/身受け ミウケ

デジタル大辞泉の解説

み‐うけ【身請け/身受け】

[名](スル)遊女などの身の代金前借金などを代わって払い、その勤めから身を引かせること。落籍

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身請け
みうけ

芸娼妓(しょうぎ)を年季中に代償を支払って落籍させること。一般に江戸時代の身売り的年季奉公人が身代(みのしろ)金の返済によって契約を解除することを身請けといった。芸娼妓の場合の身請け金は、身代金(前借金)以外の付加借金などが加算されたが、明確な算出基準があったわけではない。高級遊女の身請けには1000両以上を要したというが、身請け後に離縁する場合の生活保証を明記した身請け証文が伝えられている。保証人請け戻し(親元身請け・身抜け)の場合は身請け金や祝儀が少なくてすむため、客が身請けするのにこの形式をとることもあった。明治以後は、貸借元簿が根拠とされたが、この計算にも不明瞭(めいりょう)な点が多かったといわれる。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

身請け/身受けの関連キーワード請け出す・受け出す・請出す・受出す籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒根引き・根曳き引かす・落籍す立て銀・立て金契情買虎之巻捨て金・捨金瀬川(4代)お染・半九郎傾城歌三味線博多小女郎じゃら付く薄雲(1)佐分利越人薄雲(2)関取千両幟手生けの花親許身請け言葉を番う冥途の飛脚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android