コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落籍 ラクセキ

デジタル大辞泉の解説

らく‐せき【落籍】

[名](スル)
戸籍簿から抜け落ちていること。
名簿から名を除くこと。仲間から抜けること。
抱え主への前借金などを払ってやって、芸者や娼妓(しょうぎ)の稼業から身をひかせること。身請け。
「派手な落籍祝をして―したり」〈秋声縮図

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らくせき【落籍】

( 名 ) スル
戸籍簿に記載漏れしていること。
名簿から名前を除いて仲間から身をひくこと。
身の代金を払って芸者・娼妓しようぎなどを廃業させ、そこの籍から名前を除くこと。また、自分の妻妾とすること。みうけ。 「芸者を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の落籍の言及

【身請】より

…その内容は,第三者である客に妻や妾として転売することを承認するものにほかならない。〈落籍(らくせき)〉ともいわれる。【牧 英正】 身請はまた,芸娼妓(げいしようぎ)を落籍させることをいい,根引(ねびき)ともいう。…

※「落籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

落籍の関連情報