落籍(読み)らくせき

精選版 日本国語大辞典「落籍」の解説

らく‐せき【落籍】

〘名〙
戸籍簿からぬけおちていること。
名簿から名を除くこと。名前を除いて仲間から身を引くこと。〔新しき用語(1921)〕
身代金(みのしろきん)を払って芸娼妓などをやめさせ、妓籍から名前を除くこと。芸娼妓などを身受けして妻妾とすること。身受け。〔音訓新聞字引(1876)〕
腕くらべ(1916‐17)〈永井荷風〉一〇「駒代が籍の相談を避けた訳合を考へ始めた」 〔輟耕録‐玉堂嫁妓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の落籍の言及

【身請】より

…その内容は,第三者である客に妻や妾として転売することを承認するものにほかならない。〈落籍(らくせき)〉ともいわれる。【牧 英正】 身請はまた,芸娼妓(げいしようぎ)を落籍させることをいい,根引(ねびき)ともいう。…

※「落籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android