コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車輪式引き金銃 しゃりんしきひきがねじゅう wheel lock

翻訳|wheel lock

1件 の用語解説(車輪式引き金銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車輪式引き金銃
しゃりんしきひきがねじゅう
wheel lock

歯輪式引き金銃とも呼ばれる。 16世紀中頃から 17世紀初めに燧発銃 (すいはつじゅう) が登場するまでの間,ヨーロッパ主として騎兵,特殊部隊などによって限定的に使われた小銃。火縄を使わずに,今日の喫煙用ライターと同じ仕組みで,鉄製の車輪を黄鉄鉱片に急激にすりあわすことによって火花を散らし,装薬に点火,弾丸を発射した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

車輪式引き金銃の関連キーワード鳥獣人物戯画御呼ばれ権利落ち歯輪引き金・引金呼ばれる掛き金拳銃と十五の短篇溶融めっきOverseas Call

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone