車輪式引き金銃(読み)しゃりんしきひきがねじゅう(英語表記)wheel lock

翻訳|wheel lock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車輪式引き金銃
しゃりんしきひきがねじゅう
wheel lock

歯輪式引き金銃とも呼ばれる。 16世紀中頃から 17世紀初めに燧発銃 (すいはつじゅう) が登場するまでの間,ヨーロッパで主として騎兵特殊部隊などによって限定的に使われた小銃火縄を使わずに,今日の喫煙用ライターと同じ仕組みで,鉄製車輪を黄鉄鉱片に急激にすりあわすことによって火花を散らし,装薬点火弾丸を発射した。 1515年頃ドイツの J.キーフスによって発明されたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android