散らし(読み)チラシ

デジタル大辞泉の解説

ちらし【散らし】

《動詞「ちらす」の連用形から》
広告・宣伝のために配る印刷物。多くは一枚刷りで、新聞に折り込んで配る。散らし広告。「大売り出しの散らし
散らし鮨(ずし)」の
散らし模様」の略。
散らし書き」の略。
カルタで、取り札をまき散らしておいて、争い取る遊び方。また、その取り札。
地歌箏曲(そうきょく)で、手事(てごと)の最終部分。テンポが速く、旋律が不安定で、手事の気分を散らして次の歌に入る過渡的な役割をもつ。
歌舞伎舞踊曲で、最後のほうのテンポの速い部分。また、その部分の舞踊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例