コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軌道プラットホーム きどうプラットホームspace platform

翻訳|space platform

世界大百科事典 第2版の解説

きどうプラットホーム【軌道プラットホーム space platform】

地球を周回する軌道上の多目的大型衛星。宇宙空間に打ち上げられる多種多様な装置を中心構造体(本体)に取り付け,電力供給,姿勢制御,データ処理,通信などの機能の統合を行うことにより,費用の低減と,より長期間の運用を目指したものである。スペースシャトルの定常的運航を控えて現在いろいろな概念が提案されている段階で,多様な目的に柔軟に対応するためには共通部分の統合と同時に各装置の独立性も配慮されねばならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

軌道プラットホームの関連キーワードコロンブス計画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android