軒ランプ(読み)のきランプ

精選版 日本国語大辞典「軒ランプ」の解説

のき‐ランプ【軒ランプ】

〘名〙 (ランプはlamp) 家の軒先や街路にともしたランプ。明治時代の東京などでみられた。
※寒山落木〈正岡子規〉明治二六年(1893)夏「青梅や黄梅やうつる軒らんぷ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android