黄梅(読み)オウバイ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ばい〔ワウ‐〕【黄梅】

モクセイ科の落葉小低木。よく枝分かれし、先が垂れ下がる。葉は3枚の小葉からなる複葉早春、葉より先に、黄色く筒状で先の6裂した花をつける。中国の原産で、観賞用。迎春花金梅(きんばい)。 春》
[補説]「こうばい」と読めば別語

こう‐ばい〔クワウ‐〕【黄梅】

黄色く熟した
[補説]「おうばい」と読めば別語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうばい【黄梅】

モクセイ科の落葉小低木。茎は緑色で四角く、長く伸び、接地すると発根する。早春、葉に先立って黄色の花を開く。中国原産。江戸時代に渡来し、鉢植え・生け垣などにする。漢名、迎春花。 [季] 春。

こうばい【黄梅】

黄色に熟した梅の実。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android