コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄梅 オウバイ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ばい〔ワウ‐〕【黄梅】

モクセイ科の落葉小低木。よく枝分かれし、先が垂れ下がる。葉は3枚の小葉からなる複葉早春、葉より先に、黄色く筒状で先の6裂した花をつける。中国の原産で、観賞用。迎春花金梅(きんばい)。 春》
[補説]「こうばい」と読めば別語

こう‐ばい〔クワウ‐〕【黄梅】

黄色く熟した
[補説]「おうばい」と読めば別語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうばい【黄梅】

モクセイ科の落葉小低木。茎は緑色で四角く、長く伸び、接地すると発根する。早春、葉に先立って黄色の花を開く。中国原産。江戸時代に渡来し、鉢植え・生け垣などにする。漢名、迎春花。 [季] 春。

こうばい【黄梅】

黄色に熟した梅の実。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄梅 (オウバイ)

学名:Jasminum nudiflorum
植物。モクセイ科の落葉低木,園芸植物

黄梅 (コウバイ)

植物。ロウバイ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。ロウバイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄梅の関連キーワード円覚寺(神奈川県)武田信玄女北条氏直江戸時代智灯照玄蒲生氏郷土岐洞文オウバイ今井宗久天秀法泰桑田義備雲谷等顔口承文芸大綱宗彦春外宗信北条氏政融谷宗通好清紹因鉢植え大徳寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android