黄梅(読み)おうばい

精選版 日本国語大辞典「黄梅」の解説

おう‐ばい ワウ‥【黄梅】

〘名〙 モクセイ科の落葉低木。中国原産で古くから渡来し、観賞用として庭樹や鉢植、盆栽にされる。枝は四角く緑色で、よく枝分かれして長く伸び、高さ一メートルくらいになる。葉は三つの卵形の小葉に分かれる。早春、葉に先立って色の花を開く。花弁は細長い筒形をし、上部で六裂し平らに開く。金梅迎春花(げいしゅんか)。《・春》
※尺素往来(1439‐64)「菓子者青(せい)。黄(わう)梅」 〔俳諧・誹諧初学抄(1641)〕

こう‐ばい クヮウ‥【黄梅】

〘名〙 黄色く熟した梅の。また、梅の黄色く熟する頃。
※本朝無題(1162‐64頃)四・夏日即事〈藤原敦光〉「黄梅熟子紗窓下。玄雛画閣中」 〔儲光羲‐晩霽中園喜赦作詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「黄梅」の解説

おう‐ばい〔ワウ‐〕【黄梅】

モクセイ科の落葉小低木。よく枝分かれし、先が垂れ下がる。葉は3枚の小葉からなる複葉。早春、葉より先に、黄色く筒状で先の6裂した花をつける。中国の原産で、観賞用。迎春花。金梅きんばい 春》
[補説]「こうばい」と読めば別語

こう‐ばい〔クワウ‐〕【黄梅】

黄色く熟した梅の実。
[補説]「おうばい」と読めば別語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「黄梅」の解説

黄梅 (オウバイ)

学名Jasminum nudiflorum
植物。モクセイ科の落葉低木,園芸植物

黄梅 (コウバイ)

植物。ロウバイ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。ロウバイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android