コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪王寺宮門跡 りんのうじのみやもんぜき

世界大百科事典 第2版の解説

りんのうじのみやもんぜき【輪王寺宮門跡】

日光山を総括,東叡山寛永寺を管領,比叡山の天台座主を歴任し,比叡山諸門跡の首班に列した法親王。1613年(慶長18)天海日光山貫主に補せられ,17年(元和3)徳川家康の遺骸を日光山に改葬した。江戸幕府は24年(寛永1)上野忍ヶ岡に寛永寺を建立し天海を住職とした。天海没後弟子公海が日光山住職となり,54年(承応3)辞職すると,後水尾天皇第3皇子守澄(守徴)法親王が日光山・東叡山住職を兼ねるに至り,翌55年(明暦1)後水尾上皇は院宣をもって輪王寺宮の勅号を下したので,以後住職はこの号を称し,56年比叡,日光,東叡3山をもって天台一宗総本寺とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の輪王寺宮門跡の言及

【日光東照宮】より

…古代以来の日光権現に奉仕していた僧侶,社家らが東照宮にも混合奉仕し,大猷院奉仕も含めて複雑な機構であるが,諸事は東照宮を本とすることが定められた。日光一山は1613年(慶長18)天海が貫主となり,死後公海が門跡となり,54年からは輪王寺宮門跡が総括した。神領支配は目代(もくだい)山口氏が,日光守護は梶定良が担当したが,定良没後幕府は1700年日光奉行を新置し,91年山口氏は処罰され,日光奉行の権限は強化された。…

【能久親王】より

…北白川宮第2代。伏見宮邦家親王の王子で,初め輪王寺宮門跡となり,法名を公現と称した。戊辰戦争に際し奥羽越列藩同盟に擁せられたため,戦後謹慎を命ぜられ一時親王の身分を失った。…

※「輪王寺宮門跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輪王寺宮門跡の関連キーワード輪王寺宮守澄入道親王輪王寺宮天真法親王能久親王鈴木時信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android