満願寺(読み)まんがんじ

防府市歴史用語集の解説

満願寺

 萩の城内にあった真言宗[しんごんしゅう]の寺で、周防[すおう]・長門[ながと]の真言宗で最も上位の寺でした。支配する寺が81ヶ所あり、阿弥陀寺あみだじ]もその1つです。もとは毛利[もうり]氏の本拠地だった広島県吉田町の郡山城[こうりやまじょう]の中にありましたが、毛利氏とともに萩に寺がうつり、現在は防府天満宮の西側に寺の場所がうつっています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満願寺
まんがんじ

栃木市出流(いずる)町にある真言(しんごん)宗智山(ちさん)派別格本山。出流山千手院(せんじゅいん)と号する。本尊は千手観音菩薩(かんのんぼさつ)。出流観音ともよばれ、坂東(ばんどう)三十三所第17番札所。日光開山の勝道上人(しょうどうしょうにん)により767年(天平神護3)開創、820年(弘仁11)弘法大師(こうぼうだいし)空海が立ち寄り、霊像を刻し納めたのが現在の本尊と伝えられる。江戸時代に徳川家光(いえみつ)のころより朱印50石を受け、守護使不入の地として10万石の格式を与えられ、山内には7か寺2坊を配して威勢盛んであった。戦国時代以降、当山派修験(しゅげん)に属し、日光修験僧はかならず一度は当寺での修行を定められており、また伊勢(いせ)参拝者や出羽(でわ)三山詣(もう)での道者などが巡拝するため参詣(さんけい)者が多かった。本堂(大御堂(おおみどう))は江戸中期に再建されたもので、日本三御堂の一つ。本堂の裏、剣ヶ峰の中腹に七つの霊窟(れいくつ)(鍾乳洞(しょうにゅうどう))があり、とくに観音霊窟は当山の奥の院とされる。幕末、討幕の志士が当山にこもり殉国した出流山天狗(てんぐ)事件は有名である。[中山清田]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

まんがん‐じ マングヮン‥【満願寺】

[一] 栃木県栃木市出流(いずる)町にある真言宗智山派の寺。山号は出流山。神護景雲(七六七‐七七〇)頃日光山を開いた勝道が開山。日光二荒山修験者の入峰修行所。坂東三十三所の第十七番札所。
[二] 栃木県日光市にある輪王寺旧称。弘仁元年(八一〇)嵯峨天皇から賜わった勅号。明暦元年(一六五五)輪王寺と改称。明治二年(一八六九)旧称の満願寺に復したが、同一六年再び輪王寺に改められた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満願寺の関連情報