輪田泊(読み)わだのとまり

精選版 日本国語大辞典の解説

わだ‐の‐とまり【輪田泊】

摂津国(兵庫県)和田岬にいだかれた港。近世には兵庫津と呼ばれ、現在、神戸港の一部を形成する兵庫港となる。古代からの要津。大輪田泊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報