コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出指向工業化政策 ゆしゅつしこうこうぎょうかせいさくexport-oriented industrialization policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出指向工業化政策
ゆしゅつしこうこうぎょうかせいさく
export-oriented industrialization policy

国際市場での競争のなかで工業製品輸出を拡大していくことにより工業化,近代的経済発展を実現しようとする政策。関税引下げ,輸出加工区,関連インフラ整備,技術導入研究開発への支援が有効な施策国際市場では保護政策によって市場を確保することは困難であり,比較優位が具体化していなければ成功しないが,競争促進が自立的発展を促すという機能があり,また政策コストも少くてすむ。本格的な経済発展には,輸入代替工業化政策からこのような政策に転換することが必要となる。アジア新興工業地域 NIES東南アジア諸国連合 ASEAN諸国の成功の背景には,このような転換がうまく進んだことがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android