轆轤鉋(読み)ろくろがな

精選版 日本国語大辞典「轆轤鉋」の解説

ろくろ‐がな【轆轤鉋】

〘名〙 回転軸木地などの素材をとりつけ、刃物をあてて丸く削ったり、えぐったりする木工用旋盤。ろくろがんな。ろくろがね。ろくろ。
※延喜式(927)三四「百廿四延二斤〈続轆轤鉇刃料。并造充諸司雑料〉」

ろくろ‐がんな【轆轤鉋】

〘名〙 =ろくろがな(轆轤鉋)〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「轆轤鉋」の解説

ろくろ‐がんな【×××鉋】

回転軸のに取り付けた木地(きじ)を、回転させながら刃物を当て、丸く削ったり、えぐったりする工具回し錐(ぎり)。ろくろがな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android