コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟武兵衛 とどろき ぶへえ

2件 の用語解説(轟武兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

轟武兵衛 とどろき-ぶへえ

1818-1873 幕末の武士。
文化15年1月25日生まれ。肥後熊本藩士。林桜園の門人で肥後勤王党の中心人物。文久2年京都へ出,攘夷(じょうい)を説く。翌年八月十八日の政変後に投獄される。維新後ゆるされ徴士,弾正(だんじょうの)大忠を歴任。明治6年5月4/8日死去。56歳。名は寛胤(ひろたね)。変名は照幡(てるはた)烈之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

轟武兵衛

没年:明治6.5.8(1873)
生年:文政1.1.25(1818.3.1)
幕末維新期の尊攘派志士。名は寛胤,号は游冥,慎独軒など。一時,照幡列之助と名乗る。肥後藩(熊本県)藩士轟彦太郎の長男。林桜園に皇学を学ぶ。文久1(1861)年,真木和泉,小河一敏らと薩摩に入り,島津久光に上洛を勧めた。同2年,藩主細川護久の弟護美に従って上洛し,翌年親兵に選ばれた。8月18日の政変に際しては京都に留まったがまもなく帰藩を命ぜられ,その途次久留米で逮捕。3年間幽囚されたが,維新後許されて藩の中小姓,さらに徴士となった。その後郷里に帰り,56歳で病没。

(三澤純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

轟武兵衛の関連キーワード花山院家理三輪田元綱田中河内介片桐省介加屋霽堅古高俊太郎立石孫一郎松村大成八木源左衛門林助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone