コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴士 ちょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徴士
ちょうし

慶応4 (1868) 年1月 17日の三職分科の制によって生れた明治政府初期の議事官。各藩および民間から有才の者が選ばれ,下 (しも) の議事所の議事官として太政官に出仕した。翌2月の改制により参与,各局判事に任命されたが,旧藩出身ということから太政官との間に間隙が生じ,明治2 (69) 年6月 27日廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうし【徴士】

朝廷または政府に召し出された人士。
1868年(慶応4)1月から69年(明治2)6月まで、政府に召し出された議事官。諸藩士・庶民から有能な者が選ばれ、議事所で国政の審議にあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徴士
ちょうし

明治維新政府が藩・民間から登用して官吏に任命した者の呼称。徴とは「召し出す」の意。三職制の参与には藩士が任命されていたが、1868年(慶応4)正月17日に7科制が置かれると同時に、徴士、貢士(こうし)の制が新設された。定員はなく、参与に任命されて下の議事所(下議院)の構成員となり、同時に科、局の掛(かかり)を兼ねる行政官でもあった。任期は4年、ただし8年まで延長することができた。貢士の人事権が藩主にあったのに対して、徴士の人事権は朝廷にあり、その職務は徴士のほうが重い。徴士は朝廷ないし中央政府の官吏でありながら、他面、出身藩の藩主の家臣であるという二面性をもっていた。2月11日、徴士は朝臣であるべき旨の命が下ったが、二面性の解消は廃藩置県をまたなければならなかった。政体書に基づく太政官(だじょうかん)制のもとでは、藩士、庶民出身の官吏の呼称となり、翌69年廃止された。[井上 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の徴士の言及

【貢士】より

…明治維新期の議事官。1868年(明治1)1月17日三職分課の官制により,諸藩の徴士,貢士らによる下の議事所(公卿,諸侯の会議所は上の議事所)を設けた。徴士は諸藩士および都鄙(とひ)の有才の士から選抜されたもので参与職,分課の掛(のち判事)となったものをいい,貢士は大藩(40万石以上)から3名,中藩(10万石以上)から2名,小藩(10万石未満)から1名ずつ選出されたものをいった。…

※「徴士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

徴士の関連キーワード田中 不二麿三好 退蔵広沢 真臣大木 喬任松田 道之中島 錫胤吉井 友実土方 久元中浜万次郎藤村 紫朗中島 信行原田 一道楠本 正隆前原 一誠新庄 厚信岩本 晴之船越 衛中根雪江福羽美静佐田白茅

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徴士の関連情報