コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟音 ゴウオン

デジタル大辞泉の解説

ごう‐おん〔ガウ‐〕【×轟音】

とどろきわたる。大きく鳴り響く音。「列車の轟音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうおん【轟音】

とどろきわたる大きな音。砲撃や雷鳴、機械などが出すすさまじく大きな音。 〔同音語の「号音」は合図のために発する音のことであるが、それに対して「轟音」はとどろきわたる大きな音をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

轟音の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷ヤング(Neil Young)イルリサットマリーンキャニオンパパンダヤン火山八重山地震津波アサバスカ滝ビクトリア滝イグアス滝冠弥右衛門七不思議ポロロカミサイルダムド鶴御崎フカ滝爆鳴気同音語静寂轟裂

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轟音の関連情報