コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響き ドヨメキ

3件 の用語解説(響きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どよ‐めき【響き】

どよめくこと。また、その音。「響きが起こる」

ひびき【響き】

音が広がり伝わること。また、その音。「心地よい室内楽の響き
ものに反射して聞こえる音や声。反響。「壁面にはね返る響き
余韻。残響。また、耳に受ける音や声の感じ。「鐘の響き」「優しい響きの言葉」
振動。「山々を揺るがす雪崩の響き」「地響き
他に反応・変化を生じさせること。影響。「物価上昇の響き
世間の評判。
「春宮の御元服、南殿にてありし儀式よそほしかりし御―におとさせ給はず」〈・桐壺〉
連句の付合(つけあい)手法の一。前句と付句との間に切迫・緊張した気分の呼応を感じさせる付け方。特に、蕉風で用いられた。
「うつり、―、匂ひは付けやうの塩梅(あんばい)なり」〈去来抄・修行〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひびき【響き】

音や声が広く周囲に伝わって聞こえること。また、その音や声。 「太鼓の-」 「雷の-」
音が物にぶつかり、はね返ること。反響。 「 -の良いホール」
発音体が振動をやめたあとまで残る音。残響。余韻。 「鐘の-」
その音を聞いたときの感じ。 「 -の良い名前」 「迷惑そうな-があった」
伝わってくる震動。 「地-」 「レールに伝わる列車の-」
影響。 「円高の-」
世間で取りざたすること。世間の評判。 「宮の御心ざし、世の御-煩はしうおぼされたれば/栄花 見はてぬ夢
蕉風俳諧の付合方法の一。前句の切迫した緊張感を受けて、打てば響くように応じて付けるもの。 「今はうつり、-、にほひ、くらゐを以て付くるをよしとす/去来抄」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

響きの関連情報