コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟く トドメク

5件 の用語解説(轟くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とど‐め・く【×轟く】

[動カ四]《「どどめく」とも》
音がひびきわたる。とどろく。
「いかづちの鳴り―・くをり」〈塵袋
がやがや騒ぎたてる。
「人の音多くして、―・き来る音す」〈宇治拾遺・一〉

とどろ・く【×轟く】

[動カ五(四)]
音が響きわたる。鳴り響く。「礼砲が―・く」
世間に広く知れわたる。有名になる。「天下に英名が―・く」
期待や興奮などで胸がどきどきする。鼓動がはげしくなる。「再会を前に胸が―・く」

ほ‐め・く【×轟く】

[動カ四]とどろく。ざわざわ音をたてる。〈新撰字鏡

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どどめく【轟く】

( 動四 )
〔「とどめく」とも〕
音がひびきわたる。とどろく。 〔日葡〕
わいわい騒ぐ。がやがやと騒ぐ。 「二郎君・三郎君、-・きおはして/栄花 衣の珠

とどろく【轟く】

( 動五[四] )
大きな音が鳴りひびく。鳴動する。 「雷鳴が-・く」
広く世に知れる。名高くなる。 「名声が天下に-・いている」
驚く。また、驚いて胸がどきどきする。 「胸が-・く」 「仁木越後守些も-・かず/太平記 31

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

轟くの関連情報