コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟く トドメク

デジタル大辞泉の解説

とど‐め・く【×轟く】

[動カ四]《「どどめく」とも》
音がひびきわたる。とどろく。
「いかづちの鳴り―・くをり」〈塵袋
がやがや騒ぎたてる。
「人の音多くして、―・き来る音す」〈宇治拾遺・一〉

とどろ・く【×轟く】

[動カ五(四)]
音が響きわたる。鳴り響く。「礼砲が―・く」
世間に広く知れわたる。有名になる。「天下に英名が―・く」
期待や興奮などでがどきどきする。鼓動がはげしくなる。「再会を前に胸が―・く」

ほ‐め・く【×轟く】

[動カ四]とどろく。ざわざわ音をたてる。〈新撰字鏡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どどめく【轟く】

( 動四 )
〔「とどめく」とも〕
音がひびきわたる。とどろく。 〔日葡〕
わいわい騒ぐ。がやがやと騒ぐ。 「二郎君・三郎君、-・きおはして/栄花 衣の珠

とどろく【轟く】

( 動五[四] )
大きな音が鳴りひびく。鳴動する。 「雷鳴が-・く」
広く世に知れる。名高くなる。 「名声が天下に-・いている」
驚く。また、驚いて胸がどきどきする。 「胸が-・く」 「仁木越後守些も-・かず/太平記 31

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

轟くの関連キーワードモシ雷鳴と稲妻大門与作下村里奈太平記礼砲轔轔雷鳴

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轟くの関連情報