コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辞世の句 じせいのく

知恵蔵miniの解説

辞世の句

死を前にしてこの世に書き残された詩的な短文のこと。和歌、俳句、漢詩など音韻を重視したものであることが多い。東アジア固有の風俗とされ、特に中世以降の日本において多く作られた。広義には、死を意識せずに書いた生涯最後の短型詩なども辞世の句とされることもある。著名な辞世の句として、「願はくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ」(西行)、「ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」(細川ガラシャ)、「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」(浅野内匠頭)、「おもしろき こともなき世を おもしろく」(高杉晋作)などがある。

(2013-3-1)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

辞世の句の関連キーワード吉田松陰(1830~59)清元延寿太夫(4代)高尾(妙心高尾)桜田治助(初代)有村次左衛門蓮華寺過去帳柳下 孤村中沢浅之丞乃木 静子奥州(1)西鶴置土産義仲寺境内中島三郎助川路聖謨井原西鶴北原照久赤尾丹治泉 鏡花伊達重村甘粕正彦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辞世の句の関連情報