コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地被買収者等に対する給付金に関する法律 のうちひばいしゅうしゃとうにたいするきゅうふきんにかんするほうりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農地被買収者等に対する給付金に関する法律
のうちひばいしゅうしゃとうにたいするきゅうふきんにかんするほうりつ

昭和 40年法律 121号。略称農地報償法。農地改革によって農地を国に買上げられた地主に対する報償措置である (→農地補償 ) 。その内容は 206万人に上る全国旧地主に対して,1人あたり 100万円を限度として,10aあたり平均2万円の記名国債を交付するというものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

農地被買収者等に対する給付金に関する法律の関連キーワード自衛隊裁判都内の交番統廃合計画アンチモングラックス兄弟今市(栃木県)恵庭事件差押え田島マンネル漢の時代(年表)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android