コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地被買収者等に対する給付金に関する法律 のうちひばいしゅうしゃとうにたいするきゅうふきんにかんするほうりつ

1件 の用語解説(農地被買収者等に対する給付金に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農地被買収者等に対する給付金に関する法律
のうちひばいしゅうしゃとうにたいするきゅうふきんにかんするほうりつ

昭和 40年法律 121号。略称農地報償法。農地改革によって農地を国に買上げられた地主に対する報償措置である (→農地補償 ) 。その内容は 206万人に上る全国旧地主に対して,1人あたり 100万円を限度として,10aあたり平均2万円の記名国債を交付するというものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農地被買収者等に対する給付金に関する法律の関連キーワード農地証券農地調整法報償高年法報償費災厄の「つばさ」121号優良農地特定農山村地域森林整備法人が所管している森林森林組合加入者面積

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone