コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農工無差別自由化論 のうこうむさべつじゆうかろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農工無差別自由化論
のうこうむさべつじゆうかろん

貿易を自由化することについて,農産物についても工業製品と同様に自由化し,数量割り当てなどの輸入制限をしてはならないとする立場と考え方。農産物貿易に関しては,93年 12月,ガット・ウルグアイラウンドの農業交渉妥協により,輸出補助金の削減,関税化の原則と最低輸入量の義務付けなどが決まったとはいえ,食糧をめぐる安全保障上の議論,また農家保護育成の必要といった内政上の理由が根強く残っており,自由貿易メリットだけで容易に解決されない問題であることを示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android