コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農工無差別自由化論 のうこうむさべつじゆうかろん

1件 の用語解説(農工無差別自由化論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農工無差別自由化論
のうこうむさべつじゆうかろん

貿易を自由化することについて,農産物についても工業製品と同様に自由化し,数量割り当てなどの輸入制限をしてはならないとする立場と考え方農産物貿易に関しては,93年 12月,ガット・ウルグアイラウンドの農業交渉妥協により,輸出補助金の削減,関税化の原則と最低輸入量の義務付けなどが決まったとはいえ,食糧をめぐる安全保障上の議論,また農家保護育成の必要といった内政上の理由が根強く残っており,自由貿易のメリットだけで容易に解決されない問題であることを示している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農工無差別自由化論の関連キーワード自由化ケアンズグループ時限再販貿易自由化交渉貿易自由化率NAFTA(North American Free Trade Agreement)EPA(経済連携協定)/FTA(自由貿易協定)農産物の加工ASEANの経済統合TPP(環太平洋経済連携協定)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone