コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業自然の番人 のうぎょうしぜんのばんにんagri-nature stewardship

知恵蔵の解説

農業自然の番人

いわゆる工業的農業によって、本来は農業に備わっている生物との共存が失われてきているとの反省に立って、農業と自然が相互に依存しあう関係を取り戻そうとする動き、あるいはその実践者たちを指す。イギリス発祥の農村スチュワードシップ(rural stewardship scheme)に範を取っている。自然との共生を再現することによって、他の農産物との差別化を期待することができるだけでなく、環境学習などの環境サービスを農家経営の中に取り入れることが期待されている。各地で取り組まれている田んぼの学校もこの文脈に位置づけることができる。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android