辺塚苦木(読み)ヘツカニガキ

精選版 日本国語大辞典の解説

へつか‐にがき【辺塚苦木】

〘名〙 アカネ科の落葉高木。四国、九州、沖縄に生える。高さ約六メートル。葉は柄があり、卵円形で先がとがる。夏、枝先に球形頭状花序総状につけ、淡黄色小花を開く。花は筒状漏斗形。先は五裂する。後、小さな倒披針形の蒴果を結ぶ。和名は発見地、鹿児島県大隅半島辺塚にちなむ。はにがき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android