頭状花序(読み)とうじょうかじょ

百科事典マイペディア「頭状花序」の解説

頭状花序【とうじょうかじょ】

頭状花頭花とも。無限花序の一種での先に2個以上の無が集まったもの。キク科マツムシソウ科などに見られる。タンポポのように周辺の花の花弁が舌状(舌状花)となり,中心花が筒状(筒状花。管状花とも)となっているもの,アザミのように全部が筒状花のものなどがあり,総苞をつけ,全体として一つの花のように見える。→花序

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「頭状花序」の解説

頭状花序
とうじょうかじょ
caput; capitulum

花軸が茎の先端で幅広く広がって,そこに何個もの花が並んでつく形式の花序。タンポポ,アザミ,ヨメナなどキク科の花や,マツムシソウ科にみられる。集った花に中央に近い管状花と,周辺の舌状花の区別を生じて,全体として1個の花にみえることもある。隠頭 (イチジク) 花序は,頭状花序の中央が内部に落ちくぼんだものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「頭状花序」の解説

とうじょう‐かじょ トウジャウクヮジョ【頭状花序】

〘名〙 無限花序の一つ。花軸が短縮して円盤状にひろがり、その上に多数の柄のない花を密につけたもの。タンポポ、ヒマワリなどキク科植物で俗に「花」と呼ばれている部分。頭花。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android