コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭状花序 とうじょうかじょcaput; capitulum

4件 の用語解説(頭状花序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭状花序
とうじょうかじょ
caput; capitulum

花軸が茎の先端で幅広く広がって,そこに何個もの花が並んでつく形式の花序。タンポポアザミヨメナなどキク科の花や,マツムシソウ科にみられる。集った花に中央に近い管状花と,周辺の舌状花の区別を生じて,全体として1個の花にみえることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうじょう‐かじょ〔トウジヤウクワジヨ〕【頭状花序】

無限花序の一。花軸の先端が皿状などに広がり、柄のない花を多数密生するもの。ヒマワリタンポポなどにみられる。頭花。頭状花

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

頭状花序【とうじょうかじょ】

頭状花,頭花とも。無限花序の一種で茎の先に2個以上の無柄の花が集まったもの。キク科,マツムシソウ科などに見られる。タンポポのように周辺の花の花弁が舌状(舌状花)となり,中心花が筒状(筒状花。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone