コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭状花序 とうじょうかじょcaput; capitulum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭状花序
とうじょうかじょ
caput; capitulum

花軸が茎の先端で幅広く広がって,そこに何個もの花が並んでつく形式の花序。タンポポアザミヨメナなどキク科の花や,マツムシソウ科にみられる。集った花に中央に近い管状花と,周辺の舌状花の区別を生じて,全体として1個の花にみえることもある。隠頭 (イチジク) 花序は,頭状花序の中央が内部に落ちくぼんだものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうじょう‐かじょ〔トウジヤウクワジヨ〕【頭状花序】

無限花序の一。花軸の先端が皿状などに広がり、柄のない花を多数密生するもの。ヒマワリタンポポなどにみられる。頭花。頭状花。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

頭状花序【とうじょうかじょ】

頭状花,頭花とも。無限花序の一種で茎の先に2個以上の無柄の花が集まったもの。キク科,マツムシソウ科などに見られる。タンポポのように周辺の花の花弁が舌状(舌状花)となり,中心花が筒状(筒状花。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうじょうかじょ【頭状花序】

無限花序の一。花軸の先端が太く広がり、その上に柄のない小さな花を多数つけ、全体が一個の花のようにみえる花序。例えばキク科の花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭状花序の関連キーワードタチコウガイゼキショウ(立笄石菖)ハナビゼキショウ(花火石菖)モミジバフウ(紅葉葉楓)スズカケノキ(篠懸の木)センニチコウ(千日紅)ヤクシソウ(薬師草)ミゾソバ(溝蕎麦)イガクサ(毬草)レウコスペルマムガンピ(雁皮)ミクリ(実栗)ツルノゲイトウオオバチドメウワバミソウヒルギダマシ実栗・三稜草コショウノキヒメツルソバハナガサノキヘツカニガキ