頭状花序(読み)とうじょうかじょ(英語表記)caput; capitulum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭状花序
とうじょうかじょ
caput; capitulum

花軸が茎の先端で幅広く広がって,そこに何個もの花が並んでつく形式の花序タンポポアザミヨメナなどキク科の花や,マツムシソウ科にみられる。集った花に中央に近い管状花と,周辺の舌状花の区別を生じて,全体として1個の花にみえることもある。隠頭 (イチジク) 花序は,頭状花序の中央が内部に落ちくぼんだものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

頭状花序【とうじょうかじょ】

頭状花,頭花とも。無限花序の一種で茎の先に2個以上の無柄の花が集まったもの。キク科,マツムシソウ科などに見られる。タンポポのように周辺の花の花弁が舌状(舌状花)となり,中心花が筒状(筒状花。管状花とも)となっているもの,アザミのように全部が筒状花のものなどがあり,総苞をつけ,全体として一つの花のように見える。→花序

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうじょうかじょ【頭状花序】

無限花序の一。花軸の先端が太く広がり、その上に柄のない小さな花を多数つけ、全体が一個の花のようにみえる花序。例えばキク科の花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android