コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻忠右衛門 つじ ちゅうえもん

1件 の用語解説(辻忠右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻忠右衛門 つじ-ちゅうえもん

1845-1930 明治-昭和時代前期の実業家。
弘化(こうか)2年1月29日生まれ。明治15年に創立した硫酸瓶製造会社を大阪窯業と改称し,煉瓦(れんが)などを製造。大正15年セメント製造部門を分離して大阪窯業セメントとした。神戸桟橋,大日本塩業,鳴尾馬匹改良などの創立・経営にもかかわった。昭和5年6月23日死去。86歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辻忠右衛門の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップロシア哲学後藤三右衛門(2代)スタング(父子)里見勝蔵スペリー熱雲映画理論

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone