コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世哲学 きんせいてつがくmodern philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近世哲学
きんせいてつがく
modern philosophy

近代哲学ともいう。 15~16世紀のルネサンス時代から 19世紀にかけて近代市民社会が形成されていった西洋において展開した哲学思想をさす。 15世紀初め,その精神のうちに能動的に世界を映し,神に似たものとして人間の存在を積極的に肯定した枢機卿ニコラウス・クザーヌス先駆者とされる。イタリアを中心に並行して進行したルネサンスと科学革命から,17世紀のデカルトスピノザ,ライプニッツらに代表される合理主義,さらにイギリスにおける経験論,フランスの啓蒙思想,そしてカントおよびその後のドイツ形而上学へと発展し,19世紀には国民主義意識を背景とした哲学が各国で盛んに研究されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

近世哲学の関連キーワードクーザン(Victor Cousin)ア・プリオリとア・ポステリオリヴィルヘルム ヴィンデルバントアリストテレス学派省察録[デカルト]ウィンデルバントフィッシャー朝永 三十郎波多野 精一神の存在証明本田 成之スパベンタ安倍 能成朝永三十郎野田 又夫自己運動折衷主義安倍能成クーザン小山鞆絵

近世哲学の関連情報