コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学革命 かがくかくめい

3件 の用語解説(科学革命の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かがくかくめい【科学革命】

一七世紀西欧におけるガリレイやニュートンらによる古典力学の基礎の確立とそれにともなう自然像・世界像の変革。中世的思考様式からの脱却と数理的研究方法の確立を果たす。転じて、大きな社会的・思想的影響をもたらす科学理論の根底的変換。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがくかくめい【科学革命 scientific revolutions】

狭義には,イギリスケンブリッジ大学の歴史学教授であったH.バターフィールドが《近代科学の起源》(1949)で用いた内容をさす。従来,世界史の上で中世と近代を画する区切りとしてルネサンス宗教改革という事象が用いられていた。しかし,それらはいずれもヨーロッパ史上の局所的事件にすぎず,第2次大戦後,第三世界にまで視野の広がってきた世界史上の時代区分に用いるには適切でなく,とかくヨーロッパ至上主義史観だという非難をまぬかれえなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科学革命
かがくかくめい
scientific revolution

狭義と広義の二義がある。狭義には、第二次世界大戦後、イギリス、ケンブリッジ大学近代史教授のバターフィールドがその著『近代科学の誕生』The Origins of Modern Science(1949)で唱導したもので、コペルニクスのころから始まって17世紀のガリレイ、ニュートンのころに完結する近代科学の成立の事象をさす。
 西洋の歴史叙述のうえでは、伝統的に「近代」はルネサンスや宗教改革によって画されていたが、戦後、非西洋諸国の独立と興隆とともに、以上のような西洋中心的な事象で世界史の時代区分を行うことの不適切さに気づいたバターフィールドは、非西洋圏でも受け入れられる近代科学の普遍性に注目し、科学革命をもって近代を画することを提唱した。「科学革命」は「産業革命」を模して造語されたものであるが、ともに学問的分析用具として使えるほど厳密な内容と定義をもつものではない。厳密であろうとすれば、近代科学の成立のさらに要素分析が必要であり、力学的自然観の定着とか、実験科学の成立とかが取り出せる。狭義の「科学革命」は、そうしたことよりも、歴史上ヨーロッパに起こった1回限りの現象として、固有名詞として扱われ、しばしば大文字でScientific Revolutionと書かれる。日本語では「17世紀科学革命」とすれば他と混同されることはない。「科学革命」を広義の意味で一般名詞として用い、学問的分析用具としての普遍性をもたせたのはアメリカのクーンである。彼の『科学革命の構造』The Structure of Scientific Revolutions(1962)における「科学革命」は、小文字で書かれた一般名詞であるうえに、複数である。つまり科学革命は時と場所を問わず何度も生起する現象である。
 そのメカニズムの分析に際して、クーンは、特定の科学者集団が奉じるパラダイム(一定の期間その集団の科学者に問い方と答え方のモデルを与える古典的業績)に従って通常科学の研究が行われるが、変則性が現れてパラダイムに危機が生じ、ついに科学革命が起こって、他のパラダイムにとってかわられる、とする。従来、科学はただ累積的に一定方向に進歩すると考えられていたが、クーンのそれは、科学革命によって研究の路線の方向が変えられるものであることを示し、一般思想界にも強い影響を与えている。[中山 茂]
『H・バターフィールド著、渡辺正雄訳『近代科学の誕生』(1978・講談社) ▽T・クーン著、中山茂訳『科学革命の構造』(1971・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の科学革命の言及

【パラダイム】より

…近代英語の用法では,とくにラテン語などの名詞や動詞の語型変化を記憶する際の〈代表例〉――例えば定形動詞の変化として“愛する”のamoを用いて,amo,amas,ama,……という人称変化や時制変化,モード変化を記憶する――の意味で用いられることが多かった。しかし1962年,T.S.クーンの《科学革命の構造》が発刊され,そのなかで,クーンはこの言葉に新しい特定の意味を与えて使い,この用法が非常な普及を見せたため,それ以降〈パラダイム〉は,欧米でも日本でも(ときに〈範型〉〈範例〉と訳されるが,通常はこの片仮名書きが多用されている),クーンの意味によることになった。 クーンの〈パラダイム〉は,科学の歴史や構造を説明するために持ち込まれた概念で,ある科学領域の専門的科学者の共同体scientific communityを支配し,その成員たちの間に共有される,(1)ものの見方,(2)問題の立て方,(3)問題の解き方,の総体であると定義できよう。…

【バロック】より

…なお,バロックの概念については,〈バロック美術〉の項の冒頭の記述をも参照されたい。
【世界観としてのバロック】
 文化・思想の原理としてのバロックは,とりわけ,一方では〈反宗教改革〉運動によって,また他方では〈科学革命〉のもたらした動的宇宙像によって体現されている。
[イエズス会]
 反宗教改革とは,プロテスタントの〈宗教改革〉からの打撃から立ち直るべくカトリックが対抗して行った自己改革・自己脱皮の企てであり運動である。…

※「科学革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

科学革命の関連キーワードケンブリッジ大学シーリーフェローブリスセンホーキングケンブリッジブルーオックスブリッジ剣橋バベッジ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

科学革命の関連情報