コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世風俗見聞集 きんせいふうぞくけんもんしゅう

2件 の用語解説(近世風俗見聞集の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きんせいふうぞくけんもんしゅう【近世風俗見聞集】

叢書。国書刊行会編。1912(大正1)~13年刊。江戸時代の風俗・逸話などを記した書物を集めたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近世風俗見聞集
きんせいふうぞくけんもんしゅう

明治の末から大正の初めにかけて近世国史の遺漏を補うために編纂(へんさん)されたもの。国書刊行会編で四冊本。慶長(けいちょう)(1596~1615)から慶応(けいおう)(1865~68)末年にわたる約300年間の、江戸を中心とした市井の巷談(こうだん)・風説、諸国の風俗・見聞などの随筆書13種を集め、年代順に配列したものである。『そぞろ物語』(三浦浄心)、『むかしむかし物語』(新見正朝(まさとも)、一説には財津種莢)、『久夢日記』(撰者(せんじゃ)未詳)、『元禄宝永(げんろくほうえい)珍話』(撰者未詳)、『月堂見聞集』(本島知辰(ともたつ))、『享保(きょうほう)世話』(撰者未詳)、『元文(げんぶん)世説雑録』(撰者未詳)ほか6種。[片岸博子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

近世風俗見聞集の関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone