コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世風俗見聞集 きんせいふうぞくけんもんしゅう

大辞林 第三版の解説

きんせいふうぞくけんもんしゅう【近世風俗見聞集】

叢書。国書刊行会編。1912(大正1)~13年刊。江戸時代の風俗・逸話などを記した書物を集めたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近世風俗見聞集
きんせいふうぞくけんもんしゅう

明治の末から大正の初めにかけて近世国史の遺漏を補うために編纂(へんさん)されたもの。国書刊行会編で四冊本。慶長(けいちょう)(1596~1615)から慶応(けいおう)(1865~68)末年にわたる約300年間の、江戸を中心とした市井の巷談(こうだん)・風説、諸国の風俗・見聞などの随筆書13種を集め、年代順に配列したものである。『そぞろ物語』(三浦浄心)、『むかしむかし物語』(新見正朝(まさとも)、一説には財津種莢)、『久夢日記』(撰者(せんじゃ)未詳)、『元禄宝永(げんろくほうえい)珍話』(撰者未詳)、『月堂見聞集』(本島知辰(ともたつ))、『享保(きょうほう)世話』(撰者未詳)、『元文(げんぶん)世説雑録』(撰者未詳)ほか6種。[片岸博子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

近世風俗見聞集の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android