遺漏(読み)いろう

精選版 日本国語大辞典「遺漏」の解説

い‐ろう ヰ‥【遺漏】

〘名〙 行為や仕事に、もれや落ちがあること。また、そのもの。脱漏手落ち
※連理秘抄(1349)「任筆註緝。幾許个中、若加切瑳之功者、向後蓋資准的之要耶」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「或は伝聞によるが故に、遺漏(イロウ)も多く」 〔後漢書‐楊秉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遺漏」の解説

い‐ろう〔ヰ‐〕【遺漏】

大切な事が抜け落ちていること。手抜かり。手落ち。「遺漏のないように記入する」
[類語]欠落脱落欠如脱漏鈍感鈍いうかつ無自覚無感覚無責任無神経不用意不注意無意識的散漫抜かり手落ち手抜かりそつ手抜き疎漏抜かるうっかりうかうかノーマーク漏れ落ち抜けけつ欠損欠員欠漏空き間引き不備尻抜け仕落ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「遺漏」の解説

【遺漏】い(ゐ)ろう

手落ち。〔晋書、陶侃伝〕日膝を斂(をさ)めて坐し、~千端、ること罔(な)し。の書、手答せざる(な)し。

字通「遺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android